トランクルームでスッキリ収納

トランクルームに収納してスッキリ生活

トランクルームでスッキリ収納

最近、家族の人数も増え大きな荷物が増えてきて、家にある物置だけでは収納が足りなくなってきました。

そこで、コンテナタイプのトランクルームをレンタルしてみることにしました。

今預けているものは、特定の季節にしか使用しない夏のキャンプ道具、冬タイヤ、スノボの板、ストーブなどです。

1年を通じて数回の出し入れのため、不便さは感じずむしろ物置に家の中にあるものが収納できたので、スッキリしたことの方が大きいメリットです。

このサイトを見ている皆さんも、ぜひ便利なトランクルームを使ってみて下さい。

借りる前の疑問点や不安は、借りてみた私の経験を生かして、このサイトで解決できるように更新していきたいと思います。

トランクルームはこんなところです



まず、トランクルームとは、ビルや建物内のフロアに壁で仕切られた個別の空間を作り、そこへ普段使わない物、大事にしまっておきたい物などを、自由に収納できる場所の事を言います。

トランクルームには、日常的に使わない大型の荷物以外にも、趣味の物を置いたりして空間そのものを有効に活用している人もいます。

もともとビルの建物の中を細かく仕切っていますので、サイズもコインロッカー並の小さなものから、4畳半程度など、様々な大きさがあります。

屋外設置のコンテナタイプには、路面からすぐに出し入れできるので、バイクや自転車を置いている人もいます。

正しいトランクルームの選び方

トランクルームでスッキリ収納

トランクルームの一番多い利用方法は、引越しの際の大きな家具の一時預かりや、住んでいる家にそもそも納戸などの収納スペースがない人が、普段使わない物を預けたりしています。

又、趣味の物で、自宅に置いておけない物や家族には見せたくない物をしまったりも出来ます。

フィギュアや、大量に増えたCD・DVD、ミニュチュアの鉄道模型などを収納している方もいます。

建物の仕様や人によっては、机と椅子を入れて、短時間の書斎がわりに使う人もいます。

ただし、通常は管理会社の規約で住む事は出来ないので、その点は注意が必要です。

トランクルームを借りる前にまず、広さを検討する必要があるので自分がどれ位の荷物を預けたいのか、考えてみましょう。

次に、なるべく自宅から近くの場所で物件を探した方が後々出し入れが便利です。

自宅の近くや、職場の近く、中間地点などを自分の使い勝手で検討してみて下さい。

希望の場所で気に入った物件が見つかったら、最後にトランクルームの空調はどうなっているか、安全設備・セキュリティーは整っているかを確認するために、実際に見学する事をおススメします。

セキュリティーや空調管理を確認する

トランクルームでスッキリ収納

普段はめったに使わないけれど、大事に保存しておきたいものなどを、トランクルームを借りて預けて置くと、部屋が広く使えますし品物の破損も防げます。

又、趣味の物が増えすぎた時などは、トランクルームに置いておけば、家族に迷惑をかけません。

借りる前には、管理会社がしっかりしているか、火事や盗難などの安全設備が完備されているか、を注意して確認して下さい。

また、カビや湿気に弱い物を預ける場合は空調設備が整っていて、品物を綺麗にしまっておけるかをチェックする事をおススメします。実際に管理会社に、他の利用者からカビ等のクレームが無いかどうか質問してみるのも良い方法です。

この辺の質問に答えを濁すような管理会社は、避けた方が良いと思います。

会社の書類も収納できます

トランクルームでスッキリ収納

法人契約で使う場合は、職場が狭く置くスペースがなくなった書類などを、倉庫がわりに収納しておく事ができます。

又、その書類がとても重要なものである場合、関係者だけが鍵を持つ事によって、それが他人に知られる恐れがなくなります。

借りる際に、どんな物を預けるかを考えてから、安全設備がしっかりとしているか、そこを借りる事が正当かを確認した方がいいです。

又、預けた物が無くならないように、しっかりと管理役を定めて、出し入れが無い期間も定期的に細かくチェックする事も必要です。

家賃と必要な契約書類

トランクルームでスッキリ収納

トランクルームの料金相場は、半畳程度の広さのボックス型ですと1か月3千円位から、半畳の広さに2倍位の高さだと5千円位、一畳のスペースで高さはボックス型の2倍だと、8千円位であります。

そのほかに、ドアにかける鍵代や建物への入出の時に使うカードキーの代金など、千円から2千円位かかる事があります。

希望の物件が見つかったら、必ず見学してから契約して下さい。

実際の契約時には、印鑑、身分証明証、引き落とし用の銀行口座番号などが必要です。

契約書に必要事項を記入し、捺印。本人確認の書類も提出します。

これは大抵、自動車免許証か健康保険証ですみます。

契約書類が整ったら、管理会社から合い鍵をもらいます。

あとは、自分の都合の良い時に、荷物を入れて使用します。

更新情報

  • 2月23日:ホームページ更新しました。
2style.net