薬剤

病院で働く薬剤師の主な仕事

大きく分けて調剤と服薬指導に分けられる。

仕事内容

病院の規模や組織、専門診療科目の範囲などにより、病院薬剤師の仕事は多岐に渡っている。

処方箋を見て患者さんにお薬を渡す業務はもちろんのこと、医師や看護師とともに患者さんの症状などを見ながら行う業務も多く、患者さんに注射をしたり、点滴などを投与するなんてことも・・・。

調剤薬局の薬剤師であれば、医師の指示どおりの薬を処方するというイメージですが、病院薬剤師の場合は、医師や看護師などの他部署とともに、入院している患者さんの体調・食欲・各種検査結果までを見ながら調剤していくというようなイメージとなる。

2style.net