薬剤

ドラッグストアで働く薬剤師の業務

レジ打ちや品出しが主な仕事で、他にも店内の清掃から商品棚卸などの商品管理など多岐に渡る。

仕事内容

レジ会計、売場管理、POP作成、清掃、接客などがあり、業務は幅広い。仕事に慣れてくれば、商品の発注や売場作りを任されることもある。

高いお給料や多くの患者さんと接することができる職場環境だということで、ドラッグストアに転職する薬剤師も少なくない。

しかし、ドラッグストアの営業時間が、おおむね10時から開店し、夜は21時くらいまで開いているお店が多く、そのため、薬剤師の勤務時間も長くなりがち

一般的に、調剤薬局や病院薬剤師では役割分担が縦割りになっているのに対し、ドラッグストアでは、薬剤関連の仕事だけではなく、販売サービスなどのお店に関わる仕事も多く、専門分野以外での充実感がある。

ドラッグストア

一般的なドラッグストアで、風邪薬やサプリメント、健康食品、日用品や食用品、化粧品など販売しているお店で、OTC販売と呼ばれている。

調剤薬局併設ドラッグストア

ドラッグストアの店内に調剤薬局が併設しているタイプのお店で、病院で処方してもらったクスリを受け取る事もできる。

薬剤師の慢性的な不足から薬剤師採用に苦心してはいるが、調剤併設型のドラッグストアは増加しつづけている。

2style.net