薬剤

製薬会社で働く薬剤師の主な仕事

製薬会社の業務は新薬の開発・製造から薬品の販売まで多岐に渡る

仕事内容

製薬会社で働く薬剤師が活躍できる範囲は非常に多岐に渡る。

そもそも製薬会社とは、医薬品を開発し、生産・販売していく一連の流れを担っているため、製造部門に管理薬剤師を配置する事が法律で義務付けられている。

開発職

企業薬剤師特有の仕事で、医薬品の研究や開発を行う。薬剤師としての高い能力と専門性、語学力なども必要になるハイレベルな職種

治験

医薬品の開発には欠かすことのできない薬の有効性や安全性を調べる臨床試験を行います。

管理薬剤師

法律の中で、薬品を扱う場所では1拠点につき1人、管理薬剤師の常駐が必須となっており、企業などに常駐し、薬品の品質管理を行います。

MR

病院の医師や調剤を行なう薬剤師に「自社の薬に関する情報を提供」する仕事で、医薬品のより安全な使用のために様々な情報やデータを収集し、副作用や効力についても検討したりします。

薬事

新薬の開発に欠かせない薬事申請業務を担当します。

2style.net