薬剤

調剤薬局で働く薬剤師の主な仕事

処方せんによる調剤、くすりの正しい使い方の指導、くすりの飲み合わせのチェックなど

仕事内容

調剤薬局では「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」の3点が主な業務内容となります。

医師からの処方箋に不備がないかをチェックし、患者さんからお薬手帳を見せてもらい、重複投薬や相互作用の恐れがないかを確かめたりします。

また、患者さんに、薬の服用方法・効能・保管方法を説明したり、日々の健康についてアドバイスしたり、病気の予防に有効な薬の情報を提供する業務も大切になってきます。

処方箋の不備を確認するのが大切な業務であり、不備があった場合、処方箋を処方した医師に疑義照会を行うこともあります。
万が一にも薬に間違いがあってはならないので、最終確認作業は細心の注意と精神力が必要となる。

2style.net