お風呂屋さんのHなカノジョ・スマホ対応おとなコミック

お風呂屋さんのHなカノジョと銭湯でえっち

おとなコミックを今すぐ立ち読み!

「お風呂屋さんのHなカノジョ」
即読みするならここタップ!

↓    ↓    ↓


お風呂屋さんのHなカノジョ 詳細

◆著 者:馬鈴薯
◆7話【完結】 1話50ポイント
◆出版社/ワニマガジン社


<<あらすじ>>

タケちゃんは遥に片思いしていた。タケちゃんと遥は幼なじみの男女。 遥の家は銭湯を経営する老舗でそこの番台には遥が座っていた。いつも近所のおじさん達がお風呂に入りにくるので、 夕方~夜にかけて結構賑わっていた。遥は巨乳で可愛い看板娘。番台の前にはおじさん達があつまり、 遥にセクハラな事を言って喜んでいた。遥もそんな事は百も承知で、うざいおやじ達を軽くあしらっていた。

そんな中、タケちゃんもお風呂にり入りに来た。遥に銭湯の料金を支払い、脱衣しようとした時に番台であるおじさんが遥に 「お見合いはもう済んだの?」と、声をかけた。遥は「どこで聞いたのぉ~もぉ~」のような会話をしていた。 しかしそれを聞いたタケちゃんはショックを隠し切れない。

銭湯が終わったあと風呂場の清掃をしていた遥のもとへ タケちゃんが現れた。そして遥に、お見合いの事、来てねーぞ!と、お前は彼しか!ってくらい上から言っている 。タケちゃんが遥に近づいた瞬間、床に滑って二人とも浴槽の中へ落ちた。その時、タケちゃんが掴んでいたものとは・・・? 「お風呂屋さんのHなカノジョ・スマホ対応おとなコミック」は、下記からソク読みページへすぐ行けますよ!


リゾートアルバイト
2style.net